本日の買取商品は・・・

VVF 3心 2.6mm 3*2.6
[電材・富士電線工業]
VVFケーブル 3心 2.6mm(3×2.6) 100m巻き 未使用品
高価買取致しました。
気になる価格は店頭へ!

 

VVFとは「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平型」の略称で、昭和 39年(1964年)3月にJIS規格が改正されるまでは、西日本ではVA(Vinyl Armor)東京近郊ではF(Flat)と呼ばれていた。もっと も電気工事業界では今でもVAやFケーブルの方が通じやすい場合が多い。
電線の歴史を追うと、発電そのものが輸入技術だけにその電気を伝える電線の製造技術や仕様も輸入によるものが多い中、一般住宅の配電線の殆どがこれに集 約されているVVFケーブルは米国のそれらしきものを真似て出来たとは言え、間違いなく国産品である。
昭和31年(1956年)3月31日、東京にある日本生産性本部が電気工事に関する戦後初の視察団十数名を米国に派遣した。この中に当時中国電気工事株 式会社(現在の株式会社 中電工、以下中電工と言う)の総務部長の古賀七郎がいた。
帰国後の発表会では何故か寡黙であった古賀は、帰社後早々に現地で撮影してきたスライドを映写しながら米国電気工事の現状説明した。当時のわが国の天井 裏配線は「ガイシ引き工事」が常識で、工事規定もそれを指示していた。ところがスライドに映しだされたそれは今までに見たこともないケーブルをそのまま天 井裏に並べた「コロガシ配線」であった。
物資のあれだけ豊かな米国でさえこれだけ合理化されている。近い将来、わが国の電気工事も必ずこうなる、いやこうならなければならない、と古賀は熱っぽ く説いた。そして密かに単身マグロウヒルの書店に赴いて入手してきた電気工事の基準、工事方法などに関する資料の翻訳と分析を指示した。晩年、製器工場の 工場長となった森幸次郎という協力者を得て、こうした資料に基づき試行錯誤を繰り返しながら、それらしき工事状況の再現に努めた。工事に必要な器具につい てはブリキやボール紙を用いて手作りし、手に負えないものは松下電工に協力を依頼した。電線については、それらしきものとして使用したSVケーブル(現在 のVVR)では端末処理が気にいらず、工事の経済性、利便性は勿論より廉価なケーブルを求め続けた。
当時の記録によると、現在でも製造上忘れてはならないシース(保護皮膜)の剥離性が開発の当初より追求されていたことが興味深い。
こうして出来上がった新しい工法とケーブルは翌昭和32年、今の広島県安芸郡坂町にあった中国電力の「坂の散宿所(今で言うサービスステーション)」で 披露され、連日各電力会社はじめ工事関係者が訪れた。ここで使用されたケーブルがわが国最初のVA(VVF)ケーブルであった。

※カワイ電線より

 

————————————————————
福岡、北九州の廃業品、引上げ品、倒産品の買取は建築資材買取専門店

『建築資材買取ドットコム』 に!!

電材・建材・工具中古でも高価買取致します。

———————————————————–

お問い合わせはこちら

 

店頭へのお持ち込みはこちら

ハンズクラフト戸畑本店 0120-739-770 北九州市戸畑区一枝4-12-31

ハンズクラフト小倉南店 0120-672-288 北九州市小倉南区葛原東1-1-28

ハンズクラフト八幡西店 0120-445-559 北九州市八幡西区東筑2-4-8
西日本最大級工具専門店ハンズクラフト 楽天ショップ

LINEで送る
Pocket